生活のギフトにまつわるあれこれ

一口にギフトといっても、色々なシーンで利用されます。一番身近な物としては、親類友人への誕生日や結婚記念日のお祝いや返礼です。そして、お世話になった方へのお礼の意味で贈る物もあります。主な物としてこの2つが挙げられるでしょう。

身近な親戚友人へのギフトは、贈る相手を良く知っている事もあり、比較的品物のチョイスには悩む事は少ないようです。ですから大体品物選びに悩むと言うのは、お世話になった目上の方へのお礼です。では、そういったシチュエーションで贈る場合を考えて見ましょう。まず、最初に考慮しなければならないのが相手先の家族構成です。

独身の方、単身の方に調理を必要とする食材を送ればご迷惑を掛ける事になります。反面、ご家族が多く奥様がいらっしゃるご家庭には食材などは喜ばれる可能性が高いでしょう。そういった感じで選んでいった場合、特にチョイスが難しいのは、ご年配の老夫婦へ贈る場合と、1人住まいの方へ贈る場合になります。カタログギフトで、相手方の都合の良い商品を選んで貰うのも1つの手ですが味気ない感じになりがちです。

そう言う場合は、それとなく相手方の好む物を会話の中から推測します。品物の量としては多く無い物、果物や酒などの少量セットで珍しい物を選ぶのも1つの手です。また、インスタント珈琲や紅茶のティーバッグなど直ぐに使わなくても腐らない物が喜ばれます。どちらにしても、よほど親密な関係で無い限りは手元に残る物よりも、消費して無くなるものを選ぶのがギフト選びのコツになります。

ノベルティのことならこちら