会社の名前を入れたノベルティで営業宣伝

サービス業など、商品を製造していない会社でも作られる事がある物にノベルティがあります。ノベルティとはその会社の名前を入れたグッズの事で、それほど大々的ではありませんがあらゆるところで作られています。分かりやすいところでは会社の名前の入ったタオルや、ボールペンが作られて贈り物や粗品として使われているのです。特に消耗品はもらっていらないという事がほとんどないため、よく使われています。

ボールペンを送って長く使ってもらえる様になった場合は、かなり宣伝効果が高くなるのです。営業職の人などはちょっとしたお土産に取引先に置いてくれば悪い印象はもたれません。頻繁に会う相手に毎回お土産を持参していくのは手間ですが、ノベルティならほとんどコストを考えずに利用出来るのです。多くの場合大量に生産していて、配ってもなくならないために自社で使う事が多いのがノベルティです。

ボールペンやノート、メモ帳や付箋紙など会社名の入ったものを使っている人も多いのではないでしょうか。自社で使うのも悪くはないですが、やはり他社で使ってもらえるのが宣伝効果が高く、ノベルティの存在意義と言えるでしょう。それを使っているところをさらに第三者が見て話が弾み、取引の輪が広がるかもしれないからです。そういった事はなかなかない話とも言えますが、まったく何もしないのならば可能性がない訳で、少しでも会話の糸口としてそういった商品があるのは悪い事ではありません。