やめた方がいいノベルティ

企業の販促活動としてノベルティグッズを配布するというのはよく行われる手法です。わりと低コストで宣伝ができるのでおすすめではありますが、ノベルティにする品物の選定を間違えると、あまり効果がなくなってしまうこともあるので注意しなければいけません。ノベルティの配布でよくある失敗が、もらっても嬉しくないものを配布してしまうことです。もらってもあまり嬉しくないものの代表例としては、例えばキーホルダーがあげられます。

企業の名前やロゴが入ったキーホルダーをもらって喜ぶ人がはたしてどれだけいるでしょうか。そして、そんなものを身につけたいと思うでしょうか。よほどの物好きでもない限り、そんな人はいません。キーホルダーのようなものは、自分が好きなキャラクターとかなら買いたい、身につけたいと思いますが、初めて聞いたような企業のロゴが入っているものを欲しいなんて思う人はいないです。

同じ理由で缶バッジやストラップなどもやめておいた方が無難でしょう。ノベルティはやはり実用性があるものが一番です。上記のような物は、無くても生活していけるものですから、配ってもあまり喜ばれるものではありません。配布するならティッシュや手拭いやボールペンなどの実用的なものがおすすめです。

そのようなものは、もらった方もけっこう得した気分になるものです。得した気分にさせてくれた企業には、知らず知らずのうちに親しみを感じるもので、そのうち顧客になってくれる可能性が高くなります。