ノベルティグッズを制作する注意点

ノベルティグッズを制作するときに注意するべきポイントとして、実用品でない物を作らない事があげられています。あくまでも日常生活に必要な物を作ることが、ノベルティには求められているからです。その理由として、日常生活で使うことによって、使う人の頭に企業名や商品名が刷り込まれるようになるからだといいます。使わないような飾るだけのアイテムの場合、企業名や商品名が頭に刷り込まれることはありません。

よって、日常生活で使うことができるものを制作することが望ましいでしょう。実際に利用されているアイテムの中で人気が高いのは、ボールペンなどの文房具や、カレンダーです。人によっては、クリアファイルやハンカチなども活用されています。使う人が魅力を感じるものを、制作して提供することが必要です。

特に必要なポイントとしては、渡すターゲット層の利便性に沿ったものを制作することだといえます。高齢者向けにスマホ用のアイテムを提供しても、覚えるのに時間がかかる事は少なくありません。逆に高齢者向けのマイ箸などを提供しても、若年層の中には一顧だにせず捨ててしまう可能性もあります。使うターゲット層のことを考えて製作することが、最も基本的なことです。

なお、自社のイメージに合う物、自社の業務内容を思い出すものをノベルティグッズとして製作することで、より使用する人が自社の事を思い出しやすくなります。製作するときには業務に関連したものを作ることを心掛けてください。