過去も現在も占いは人間と切り離せない関係にあります

現在では占いは娯楽めいたイメージが強く、深く信じ込む人もいれば全く信じないという人もいます。

受け止め方に大きな個人差があるものと言えるでしょう。しかし、歴史の中では占いは非常に重要視されてきたという事実があります。宗教的儀式として政治にも大きな影響を与えてきました。日本でも古来から、占った結果をもとに政治を行っていた時代があります。古いもので言うと、亀の甲羅や動物の骨などを使って未来を占ったり、神のお告げを聞いたりしていたという話があります。

現代では想像しにくい部分ですが、例えると宗教の人間が政界を牛耳っているようなものと言えるのではないでしょうか。さらに、平安時代になると陰陽道と呼ばれる思想が広まっていき、陰陽師と呼ばれる人たちによって戦争や政治などの方角や吉凶が判断されていました。占いと宗教は密接な関係にあり、日本に限らず世界各地でもそうした記述が残っています。

まだ化学が発展していない時代に、宗教や神という存在は畏怖と崇拝の対象して強い力を持っていました。そんな強い力にあやかり、知恵を授かる手段として占いが生まれたのではという説もあります。化学が発展した現代では、科学では説明できないような事柄が否定されるようになってきました。しかし、だからといって占いの奥深さや面白さが消えたわけではないのです。悩みや不安を解消できる手段として、現在も多くの人達から支持されています。この先も人間と切り離せない関係性は続いていくことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *