ラッピングカーの手配の仕方

配送車両へのラッピングによる広告宣伝の強みとは

配送車両を使って宣伝をすることは、とても効率的なことです。

普通の広告を一定期間掲載する場合、媒体は何であれ毎月原稿料がかかります。その点、配送車両は自前であれば、そうしたコストがかかりません。それでいて、町中を走り回るのが配送車両の仕事なので、行く先々で会社や商品のアピールをすることができます。普通の広告なら、それを見るためには媒体にアクセスする必要がありますが、配送車両はむしろ人々の方に働きかけていくので、テレビCMに近いと言えるでしょう。

テレビでも、テレビを付けない人は見ることがありませんが、外出をするという行為は一般の人が当たり前にすることで、そこで見かけることになる配送車両を使った宣伝は、広い人たちにアピールすることができるので、むしろ宣伝効果はテレビ以上だと言えるでしょう。ラッピングを使えば、これがかなり自由に行えます。ラッピングは、特殊なシートに印刷をして、熱で車のボディに貼り付けます。

ボディーの形に自由に合わせることができる柔軟性もありますが、何と言っても印刷が使えるので、デザインの幅が広いです。写真を印刷することもでき、アピールしたい事柄に合わせてデザインができます。また、ラッピングは4から5年は持ちますが、剥がすのはとても簡単でボディーにキズを付けることなく元通りにすることもできます。塗装ならそんなに柔軟性はありませんのが、ラッピングなら自由自在に変更することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *