ラッピングカーの手配の仕方

配送車両をラッピングして広告宣伝カーとして使う

ラッピングバスやラッピングカーが公道を走るようになってからかなりの時間が経ち、今では広告宣伝カーとしてすっかりなじみました。

以前はキャンペーンやイベントに合わせて走っていた広告宣伝カーですが、近年では様々な企業が配送車両にラッピングを施して、広告としての役割をもたせています。配送車両が街なかを走る度に人目につくため、老若男女あらゆる年齢層に幅広く宣伝できて効果の高い広告宣伝手段です。

ラッピングは企業ロゴや商品の写真を印刷したシートを配送車両に貼るだけなので短時間でできあがり、シートでコーティングすることで配送車両の車体を傷や酸性雨から保護できるという広告面以外のメリットもあります。公道を走る屋外広告として扱われるため、広告宣伝カーを走らせるには屋外広告物許可申請が必要です。申請の時に絵柄を審査されますが、他のドライバーの運転を危険にさらすデザインは禁止されており、ストーリー性のある四コマ漫画や映像表示となっている絵柄や、景観を損ねるようなくどく、どぎつい色彩やデザインは広告宣伝カーとして許可がおりません。

車体の排気口やスピーカー口をシートで塞いだりするのも、安全面から禁止されています。公序良俗違反になる絵柄や、著作権を侵害するようなイラストも違反です。これらの規則はラッピングを請け負う業者なら熟知していることなので、事前にデザインを相談しておけば審査が通らないということはまずありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *