ラッピングカーの手配の仕方

配送車両の特徴をいかしたラッピング

配送車両のラッピングは大型車であれば非常に目立つ宣伝広告として活用することができ、移動距離が長いほど認知率も高まります。

配送用の車両は大型車であれば荷台も大きく、広い面積を利用した効率のよい看板となります。移動している車両は、瞬時にして内容を認識させる効果がなくては意味がありません。見ている人が認識できる状況を想定した広告を考える必要があります。小型の貨物車もデザインに自社のブランドイメージを施すことで、会社の印象を伝えやすくなる効果が期待できます。

自社に大型車両がない場合でも、広告塔としての枠割を持たせるために、運送業者などの配送車両に自社広告をラッピングする方法もあります。インターネットで全国展開を考えている会社であれば、実際の広告でのインパクトも期待したいところです。長距離の輸送車であれば地域をまたいだ宣伝活動ができます。施工は塗装とは異なるので、広告を消すときにも車両に影響を与えることはありません。

配送車両のほかにもラッピングが可能な車両として、観光バスなどにも宣伝を入れることができます。観光バスはあらゆる観光地を訪れる可能性も高く、よりたくさんの人の目に触れる確率も上がります。観光地に乗り入れるために、デザインには配慮が必要ですが、多くの人に興味を持たれる効果は高くなります。車両の特徴をいかしたデザインを採用すると、興味を持つ顧客層を狙った宣伝内容を生かすデザインも考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *