ラッピングカーの手配の仕方

配送車両はラッピングに向いています

日々商品を決まったルートで配達する配送車両は、物流の要ですのでなくてはならない存在です。

この一定の周期で決まったコースを走る場合に効果的なのが、宣伝です。配送車両に自社のPRや商品広告を掲示すれば、なんとなく見る人が増えて認知度が確実にアップします。しかも、認知度の向上には一度見ただけでは不十分で繰り返し何度も目にする事で脳への定着が図られます。

まさにルート配送はこうした記憶定着効果が狙える最高のツールなのです。しかし配送車両に毎回塗装を施すのは費用的にも時間的にも余裕がないとの声を聞こえます。こうした塗装の面倒さもあって、導入した時のままで走り続けているものがほとんどではないでしょうか。しかし、それはあまりにも勿体ないです。例えば季節商材など一気に宣伝をすればより拡販が期待出来るものには、積極的に利用したいところです。そのためには、費用も時間も最小化出来るラッピングがおすすめです。

ラッピングとは、車両専用のフィルムを貼り付ける手法で、フィルムには予め色付けがされていて実際に車輛を工場に入れる際には貼り付け作業だけですので時間もかかりません。毎日運行させる必要がある配送車両でも充分に対応出来ます。また、塗装と違い工程が簡素化されているので特殊技術があまり必要なく、その分費用も安く抑えられます。ラッピングならタイムリーな広告宣伝が可能になりますので、ぜひ使ってみる事をおすすめします。
配送車両のラッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *