ラッピングカーの手配の仕方

自動車のMT、ATとその仕組み

現在の自動車はATが主流になっています。

特に若い方は免許をAT限定で取得されている方が多いことでしょう。しかし、そもそもMTとATとの違いとは何でしょうか。クラッチがあってギアを自分で選ぶのがMTと解釈する方が多いのではないかと思います。確かにそれは間違いではありません。MTはマニュアルトランスミッションの略で、ATはオートマチックトランスミッションの略です。稀にMTのことをミッションという方がいますが、略すならばマニュアルのほうが正しいですね。

そもそも変速機自体をトランスミッションと呼ぶので、MTやATといった機構自体がトランスミッションなのです。なので、AT車はMT車と全く別の車だと思っている方も多いと思います。しかし、その名の通りAT車はMT車を自動化しただけなのです。つまりMT車のクラッチ操作とシフト操作を自動でやってくれてるんですね。なのでAT車も内部的にはMT車と殆ど変わりません。MT車でいうクラッチはAT車では一般的にトルクコンバーターという機構が担ってくれています。

トルクコンバーターは液体を使っているため、滑らかな動作をします。クリープ現象もこのトルクコンバーターの作用ですね。日本では渋滞や坂が多いので、クリープ現象を利用できるトルクコンバーター搭載車が多いです。シフト操作に関しても、速度やアクセルの開度によってコンピュータが適切なギアを選んでくれています。

このように両者には確かに大きな違いがあります。しかし、これらはトランスミッションだけで解決する話です。普通しませんが、トランスミッションを載せ替えればMT車はAT車に、AT車はMT車になります。自動車としてはそれほど違いはないのです。同じ自動車でもMT採用モデルとAT車採用モデルが合ったりしますからね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *