ラッピングカーの手配の仕方

企業が保有するトラックのラッピングの基礎知識

運送会社や食品問屋などが配送用にトラックを買うときには、車体を広告媒体として活用するのが一般的です。

また新たに車両を買う場合には、納車のスケジュールに合わせてラッピングの手配をするのが望ましいです。技術力を重視して発注先を選びたいときには、曲面がある車体のラッピングにも対応している会社に注目するのがポイントです。これまでのトラック向けの施工事例を紹介している会社のサイトを調べると、すぐに良い発注先を見つけることができます。予算が限られているときには、トラックの車体にロゴなどをマーキングする方法があります。

マーキングの場合には使用するフィルムの面積が小さいので、1台当たり10万円以内の予算で施工することも可能です。しかし大きな画像を使って商品などをPRしたいときには、高品質なフィルムを使ってボディー全体をラッピングすることが重要です。短い工期で作業をしてくれる会社もありますが、イメージ通りのデザインでラッピングするためには十分な準備期間を確保するべきです。

施工を行う会社の担当者と打ち合わせを繰り返すことで、満足できる車体のデザインを作り上げることができるからです。配送するエリアや輸送する商品などに合わせて、車体のラッピングのデザインを変えるのが最近のトレンドです。しかしすべての車両のデザインを統一すると、1台当たりの施工費用を大幅に削減することができます。特に保有する車両の台数が多い会社の間では、大量発注でコストを抑えるプランが好評です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *