ラッピングカーの手配の仕方

トラックをラッピングすることができます

年数が経過したトラックを所持している場合、ラッピングを行うと見た目を新車のように蘇らせることができるため大変便利です。

内部のメンテナンスをしっかりと行っているのであれば、コストを抑えてトラックを綺麗にすることができるのではないでしょうか。色がくすんでいたり傷がついてるけれど、ラッピングを行うことができるのか不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。ラッピングを行うことができます。企業名をラッピングすると企業名をアピールすることができるため、宣伝効果もあります。

見られることにより意識が働き、安全に対して意識が向上するかもしれません。交通事故低下にもつながるのではないでしょうか。また、広告面としても活用することができます。トラックは大型車両ということで面積が広いため、インパクトを与えることができるかもしれません。車道側面だけではなく、フロントの前や後ろにもラッピングすることができます。

耐久年数に関しては、フィルムメーカーの提示する再剥離性能は3年程度となっています。メンテナンスが気になるかもしれませんが、接触等でフィルムが剥がれたり破けた場合は、パーツ単位で貼り直しができると考えて間違いありません。施工に関しては約1日となりますが、面積が広い場合は数日かかる場合もあります。車検を行う必要があり、通ることができるか気になる方もおられるのではないでしょうか。車検は通るため心配する必要はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *