ラッピングカーの手配の仕方

トラックをラッピングする効果

ラッピングトラックは自社で所持しているトラックを移動させながら、宣伝広告効果も得るシステムです。

大手企業はトラックのラッピングシステムを採用していることが多いですが、その大きな理由として環境に優しく経済的だからということが挙げられます。塗装は特に限界のあるシステムですが、トラックをラッピングすることは企業のロゴ・商品の写真も、自由自在に載せることができることでもあります。トラックラッピングは簡単に剥がすことができますが、塗装のように新しく全て塗り替える必要はないのも大きなメリットです。

包装車はトータルでコスト面・環境面でも優れているので、多くの企業が採用し始めています。同じようなフィルムですが、車両用フィルムや看板用のフィルムは機能が全く違うので、使用するときには間違えないようにしたいです。車両用フィルムの特徴は大まかにいうと、綺麗に剥がすことができる機能です。塗装面にも傷がつきにくい仕様になっているので、安心して車に包装をすることもできます。

価格的には看板フィルムの5倍もの価格がつきますが、質が良く半年ほどしたらその違いに気がつくことになります。車両に貼る施工の熟成度はもちろんですが、発注する前に良し悪しのポイントはわからないので上部の価格だけで決めることはしないようにします。車両を包装するには何が必要で、どのような目的で行うのかをよく考えて発注することで失敗を防ぐことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *