ラッピングカーの手配の仕方

トラックをラッピングするメリット

街の中でたまに見るラッピングされたトラックは、車両を利用して広告などの効果を期待しているシステムです。

トラックラッピングの先駆けとも言えるとある国では、包装した車をどのくらいの人たちが見ているのかを調査しています。その結果、広い国土を持っている国でのデータですがかなりの人が見ていました。この状態で国土が狭く人口密度の高い国内に当てはめると、はるかに多くの人が見ることがわかります。レイアウトをどのようにしたら人の目に留まりやすいか、人の知りたい意欲が増すかなど包装後の活用サポートも行われているので、安心して利用することができます。

トラックをラッピングするときの施工は、車のあるところに伺って施工するか、スタジオで車両を持ち込み行うかのどちらかになります。車両の施工については1日で基本的には終了しますが、多くの依頼があり立て込んでいるときは数日かかるケースもあります。多くの営業所を持っている企業が、車両の包装を活用している場合は逆にコストのロスをしているケースも存在しています。

企業では営業所ごとにロゴを管理して全体では統一されていないので、営業所によりコストにばらつきがあったり柄も違うケースがあります。特に企業同士が合併することで、ロゴを変更したり社名変更によりラッピングのデザインも変えなければいけません。車両の担当者の負担を低減させるためにも、トラックのラッピングを統一させて経費の節減をさせます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *