ラッピングカーの手配の仕方

自動車関連業界が勧めるラッピングのイベント車

自動車関連業界で、看板の代わりに広告を効果的に行うといえばラッピングによるイベント車です。

街中にある看板は、車や歩行者など様々な人に見てもらえるものです。ただ、難を言えばその場所にいる人しか見ることができないという問題もあります。そのため、企業の中には何箇所も看板を立てるというところも少なくありません。しかし、いくつも看板を作るということはそれだけコストもかかります。店舗によっては、コストがかかりすぎて増やすのは難しいというところもあるのが事実です。

広い範囲の人に見てもらえる看板をコストをかけずに作るなら、自動車関連業界でよく利用されているラッピングによるイベント車がお勧めです。よく街中を走ったり歩っていると、企業の名前などが入った車両を見かけるという人は少なくありません。種類は色々ありますが、自動車関連業界で使われているのはシートを貼って作るラッピングによるイベント車です。

薄いフィルムのようなシートを用意して、車体の表面に貼り付けていきます。丸みのある表面でも、専門店に依頼すればシワもなく綺麗に仕上げることができるのでシールのような印象はありません。大きなイラストでも、シートの継ぎ目をわからないようにして重ねて貼っていくので心配ありません。小型車はもちろん、トラックでもラッピングしてイベント車にできるのがこの方法の魅力的なところです。宣伝したいところを走るだけで、広範囲の人に見てもらえるラッピングによるイベント車はお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *