ラッピングカーの手配の仕方

イベント車をラッピングしてアピール

各種のイベントや催し事は多くの人に参画してもらうことが必須です。

最近ではSNSやホームページなどインターネット経由で広告発信するのは主流になっていますが、新たな宣伝方法として日本国内でもイベント車をラッピングする方法が普及するようになっています。SNSなどでは確かにタイムリーに情報発信をすることができ、訴求したいフォロワーなどに伝えることが可能です。しかしイベントごとでは特定の期間を区切って挙行されることになるので、それほどの注目度を喚起できるのかの問題があり、またタイムラグのなかに埋没して流れて行ってしまう懸念もあるわけです。

この点、ラッピングしたイベント車は移動する広告方法として、通行人やドライバーの目に鮮烈な印象を残すことにつながります。デザイン性でいかようにもイメージをカスタマイズできるので、文字情報も併せることでより効率的に訴求性も高くアピールすることが出来ます。また該当設置看板のように事前の大がかりな準備などもなく、一週間ほどの施工期間を見ておけば用意することが可能です。

移動エリアを限定したり、特定の地区を集中的に巡回すればイベントに想定している顧客層を大きく取り込むことにもつながります。ラッピングしたイベント車は訴求対象を限定することになる点が一般の新聞広告などの宣伝方法と異なる点です。そこでメディアの特性の違いを踏まえてラッピングと組み合わせることで、より効率的にアピールすることも可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *