ラッピングカーの手配の仕方

貸切バスにもラッピングで広告宣伝が可能

小型バスやマイクロバスは少人数が乗車することができるバスとして貸切バスの中でも利用頻度が高めと言われています。

例えば、10名前後の人数で貸切バスを利用したい時には小型バスやマイクロバスを利用すれば、料金もリーズナブルな値段で借りることができる、無駄な費用を使う必要もなくなります。最近は、貸切バスにラッピングを行っているケースもありますが、ラッピングされたバスは色々な場所を走行することになるので、広告宣伝を幅広いエリア内で行いたい時など有利な方法と言えましょう。

貸切バスを利用する人は、様々な場所に向かう目的で利用するわけですから、車両に広告を記しておけば、様々な地域にバスは移動する、自然と広告宣伝効果を期待できることに繋がって来ます。ルート営業を行う社有車や駅と会社を往復するマイクロバスなどの場合、ある程度行先そのものが同じになるので、広告を掲載しておいたとしても、いつも同じ道を走るだけで、広告宣伝効果はそれほど期待ができません。

その点、多方面に向かう場合には、宣伝効果の範囲を広めることにも繋がります。しかも、ラッピングは車両に広告を印刷したフィルムを貼り付けるだけで済むので、定期的に広告を変えたい時にも有利な方法です。様々な場所に異動することが多い貸切バスなどの場合、多くの人々に対しての広告宣伝ができますし、車両へのラッピングはボディーそのものを痛めないなどのメリットがある広告手法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *