ラッピングカーの手配の仕方

貸切バスはラッピングで利用方法が広がる

旅行の際、その往復には何らかの移動手段が必要です。

もちろん歩いて旅行する人もおられますが、一般的には航空機や船舶、それに鉄道や自動車を利用することがほとんどでしょう。さて、それらの移動手段の中で貸切バスを使うこともあると思います。団体旅行などをする時には、集合場所から目的地まで走ってくれますし、乗り換えもなく、また出発時間を多少遅らせたりも出来るので便利になることが多いです。あまりに目的地が遠い場合は航空機などを使わざるを得ない場合もありますが、着いた先での足に貸切バスを使うことも出来ます。

このように貸切バスは旅行に便利な面もあるのですが、その他の用途にも便利になることもあります。例えば、通学や通勤で使うことも出来ます。生徒数の多い私立の学校だと地元だけでなく、周辺各地から生徒が多く通学していることもあります。また駅からは少し遠い工業地帯などへの通勤にも使えます。バスを使うと大勢を一度に運ぶことも出来ますし、ピストン輸送などもしやすいです。

ところで、そういった場合、駅のバスターミナルなどから出ることもありますから、どのバスに乗ればいいのか分りやすいようにラッピングをするとよいかもしれません。ラッピングとはバスの車体に塩化ビニール製の薄いフィルムを貼り付ける方法なのですが、そのフィルムに広告を印刷することもあります。通学用の貸切バスだと、学校の宣伝としてラッピングを施してもいいですし、通勤でも同様に自社の宣伝も出来ます。もちろんどれに乗ればいいのかも一目で分ります。ラッピングをすることで貸切バスの利用方法が広がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *