ラッピングカーの手配の仕方

貸切バスは旅行だけでなくラッピングして広告車に

貸切バスというと多くの人は旅行で使うことをイメージすると思います。

かなり遠方まで行くには飛行機や鉄道の方が向いているとは思いますが、その先の足とか、近場に行く時には便利です。高速道が繋がっている場合はかなり遠くでも使うことがあるかもしれません。ところで、貸切バスのいいところは、かなり融通が利くところでしょう。例えば、出発地はバスターミナルのような場所以外でも大丈夫ですし、目的地も同様です。人数が多くなればそれだけ分のバスを出すだけで済みます。車体の下には大きな荷物を入れることが可能ですし、もちろん車内にも持ち込めます。

電車のように出発と到着の時刻はある程度ずらすことが出来るので、遅れてきた人にも対応出来ます。また寄り道が出来るのもバスのいい所です。さて、そういったいわば小回りの利く乗り物ですので、貸切バスは旅行以外にも使えます。例えば宣伝車としても有効でしょう。というのはラッピングというものがあります。ラッピングとは車に広告などを印刷した薄いフィルムを貼り付ける方法です。

ですから乗客を乗せるのではなく、車体全体にフルラッピングの広告を施し、歩行者の多く通る街中を走って宣伝することにも利用出来るのです。バスの車体は乗用車よりも大きいですし、大きな広告を施せば自然に視線が集まり広告としての役割を十分に果たすはずです。バスの側面だけではなく、後ろにも屋根の上にもフロントガラス以外の前面にも施すことが出来ます。宣伝期間が終了すればラッピングは剥がすことが出来ます。耐久年数は使用状態にもよりますが数年はもつらしいので、数ヶ月ぐらいの宣伝期間だと問題なく使えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *