ラッピングカーの手配の仕方

観光目的で提供する貸切バスはラッピングするのが得策

観光で使われる貸切バスでは、特定のお客様を移動させるために、誰もが分かりやすいバスへ仕様変更することも大切です。

特にボディについては有名な観光名所を巡る場合、たくさんの観光バスが止まっているときに、お客様が自分の乗ってきたバスだとすぐに判断できるようなデザインが必須となるでしょう。多くのお客様を乗せるため、一人ひとりが行き先すべてで様々な行動を起こすため、時間ぎりぎりになっても素早くバスへ戻れるということは大切な条件と言えます。この貸切バスを分かりやすいボディへするには、ラッピングという現在主流のフィルム施工がおすすめです。

立体面や曲面などに貼ることも可能で、希望するデザインなら何でもプリントすることができるため、バス全体の色や社名、ロゴなど自由に入れることができます。観光名所や街中では、歩いている方や車に乗られている方など市民や企業の方へ目にとまりやすいので、大きな宣伝効果を生み、自社を少しでも覚えてもらうことが可能です。風景や動物、キャラクターなど目にとまりやすいデザインを取り入れると、さらにイメージアップに繋がる可能性が高まります。

このラッピングをするための専用フィルムはいつでも剥がすことが可能で、イメージを一新したいときや汚れが目立ってきた際には、簡単に貼り直しできるという優れものです。また、貸切バスのボディを汚れや傷から守ることができ、塗装するよりも短期間で施工できるのがラッピングの良い点と言えるでしょう。塗装する場合では高い費用が必要となりますが、この専用フィルムならリーズナブルな価格で施工できるのも大きな魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *