ラッピングカーの手配の仕方

貸切バスはラッピングに適した宣伝媒介です

路線バスのラッピング施工は、地域のローカルバスの経営の手助けになりました。

地域のスポンサーを呼び込むことに成功したのです。特にバスは側面の面積が広いので、アピールできる広告を掲載することが可能です。そこでバスでは、色々な方面を走り回っている貸切バスにラッピングを施してみてはと言う発想が浮かびました。貸切バスなら、目立つラッピングが施されていても違和感はありません。むしろ素直に広告のキャンパスと考えれば利用価値は大きいです。

スポンサーも地域に限る必要はありません。全国のスポンサーを募ってもかまいませんし、大きなキャンパスとして貸切バスは目立ちますから広告に最適です。分けて一部の広告も受けられるので効率的で、子どもにも喜んでもらえる企画になります。貸切バスを運営する会社は、大型のイベントに人を運送する目的で用いられることが多いです。イベントに合わせてラッピングを付け替えることもできます。

コストパフォーマンスも高く、ボディを保護する役割も果たします。洗車するだけで塗装のようなメンテナンスも必要ないので単にボディーを貸す感覚で貸切バスを利用できます。何台もの同じボディのバスが整列するだけで迫力があります。お客様にも説明しやすく集合場所としても覚えやすいです。同種類のバスでは、自分が乗ってきたバスを覚えている人は少なく、それだけでも企業の広告としての役割を果たすのアイデアではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *