ラッピングカーの手配の仕方

バス会社が自社の貸切バスにラッピングをして宣伝

団体旅行と言えば、その往復の足はどういったものを使っているでしょうか。

海外なら飛行機やフェリーで行くことが一般的です。国内の場合でもかなり遠くなるとそれらを使うことになります。例えば、本州などが出発地で沖縄が目的地の場合がそうです。後は新幹線や在来線を使うこともあるでしょう。北海道から九州まで鉄道網が繋がっているので大丈夫です。ですが場所によっては貸切バスをチャーターするのもいいかもしれません。集合場所や解散場所は、ほぼ自由に団体の幹事さんの判断で決められますし、往復の車内ではある程度騒いでも大丈夫です。

バスガイドさんがいれば、車内では盛り上がるかもしれませんし、途中のトイレ休憩で降りた時にはちゃんとメンバーが揃っているかなど、色々な面倒を見てくれたりもするので安心です。そういった用途で貸切バスは使われたりもしますが、貸す側にするとバスで自社の宣伝が出来るとよさそうです。それにはラッピングという方法もあります。ラッピング広告とも呼び、例えば電車の車体に施す時もありますし、営業車など自社の宣伝カーとしてボディーに施すこともあります。

もちろん貸切バスでも大丈夫です。貸切バスは色々な団体が使いますし、各地を走ります。ですからバスのボディーに自社のラッピング広告を施せば走るたびに宣伝になります。キャラクターなどのデザインを施せば目立ちますし、乗客が迷わずバスに乗ることも出来るでしょう。好評であれば、次の利用の際にあのキャラクターのバス会社の貸切バスにしたいといったことにもなるかもしれません。
貸切バスのラッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *