ラッピングカーの手配の仕方

路線バスラッピング広告

バスの車体全面をラッピングした路線バスが最近多くなって来ました。

路線バスは決まった道をほぼ決まった時間で走っているので広告効果は普通の看板と比べても比較にならない効果があります。バスの車体自体も大きいので宣伝できる広告面積も広く取ることが可能です。そのバスが通る路線沿線の店舗や企業などの広告が多いです。路線バスなので決まった停留所で停車しますし、赤信号でも停車します。普通の車より停まる回数が多いので、人の目に付く頻度も認知度も高くなります。

バスを利用する高齢者や学生など対象とする年齢層も幅広いのが特徴です。地域密着型の広告展開が可能な広告媒体と言えるでしょう。バスのラッピングにかかる費用は、車体全面もラッピングする場合と一部のみの場合で異なります。広告期間も1ヶ月単位から1年単位での掲載が可能です。従来のペイント広告だと車体本体に塗装するのでボディを痛めてしまうこともありました。また細かい部分は塗装できませんでした。塗装期間もかかり短い期間での入れ替えは難しいのが現状です。

それをフルラッピングにすることで車体全面を使うこともでき、広告の入れ替えもフィルムを剥がして新しいものを貼り替えるだけで済むので工期も短縮することが可能になりました。写真をそのまま貼り付けるイメージなので色の見栄えも良く、複雑なデザインにも対応できるのも魅力の一つです。路線バスということで数台運行していることを考えるとまとめてラッピングすることで1台あたりのコストも抑えることができ経済的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *