ラッピングカーの手配の仕方

ラッピングされた路線バスとは?

路線バスの大きな車体に様々な広告を見かけることが多いのですが、まるで車体の上に印刷されているような広告を、いったいどうやって掲載しているのだろうと疑問に思った方はないでしょうか。

車体の上に印刷するというのは現実的ではありません。しかし、ペイントにしてはあまりにも精巧で、ペイントでは不可能な写真まであります。だから、どうやっているのだろうと素朴な疑問がわくわけです。実は路線バスをはじめ、営業車やイベントカー、さらには飛行機や鉄道のボディにもラッピングという技術を用いて宣伝広告を掲載しているのです。ラッピングと言えばプレゼントなどを包むときに使う言葉ですが、路線バスの車体も同様にある特殊なフィルムが包みこむように貼られています。

そして、その特殊なフィルムは印刷が可能であるために、パソコンで作った様々なデザインを印刷して宣伝広告として用いることができるのです。外観だけを見れば路線バスの車体に直接印刷されているように見えますが、実際にはこの特殊フィルムに印刷され、ラッピングされているわけです。このラッピングのメリットは剥がすことができることです。

一度貼っても簡単に剥がすことができるので、広告の内容をいつでも、好きな時に変更することができます。一度貼り付けると耐久性があるので、3年から5年程度は問題なく使用することができます。部分的なものから車体全体を覆うものまで、様々なラッピングが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *