ラッピングカーの手配の仕方

路線バスでのラッピング

通常ラッピングと聞けば、花束やあるいはプレゼント用の可愛いものを想像する人たちが多いものですが、何とその対象が、街中を走っているバスであっても対象物になることに驚きです。

通常の路線バスといえば、そのバスを走らせている会社の指定の色や会社名など、最低限必要なことしか見て取ることはないのです。しかし路線バスのラッピングになると、まったくといって良いほど想定外なものがお目見えすることになるので、驚きを隠せないほどです。したがって、それが路線バスとなって道路を走ることで、街ゆく人々はあっと振り返ってみます。

自分の目のまえでそのバスを見かけたときには、バスに描かれている楽しい絵や色が目に触れて、目が離せなくなってしまうのです。乗り物へのラッピング効果というものは、その対象物であるものが大きいだけに人の目に触れやすく、また印象付けることには長けているともいえます。ましてや公共の路線バスともなると、その道すがら決まってバスを利用している人たちが多くいるために、効果絶大といわざるを得ないのです。

ラッピング用に描かれている絵を見ると、誰でも目に留まってしまうような楽し気な雰囲気が見て取れるので、一瞬和やかで親しみを持って眺めるものです。大人でさえ、このような感情がわき上がってくるものならば、子どもであればなおさらのことです。そして路線バスは、時間によって定期的に街中を走る性質上、宣伝という視点に立った場合この上なくメリットが得られます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *