ラッピングカーの手配の仕方

路線バスのラッピング広告のメリット

路線バスにはラッピングによる広告収入が欠かせません。

最初に路線バスのボディに広告を始めたのは、東京の路線バスで2000年4月のことでした。それを皮切りに全国にあっという間に広がっていきました。乗客数が減少する中、貴重な収入源となっていきました。路線バスに広告を出すメリットは色々考えられています。たとえば大きなインパクトがあるということです。

巨大な面積があるわけですからそのインパクトは非常に大きいのです。また何度も同じコースを走るために印象に残りやすいということや、輸送機能を損なうことがないので路線バスには不利益が何もないということもメリットとして挙げられます。そもそも大きな車体のバスのボディに広告ができるのは、ラッピングという新しい技術が開発されたことによってです。ラッピング技術は1994年ころに始まりました。

当時はラッピングに使用するフィルムの質やプリントのインクの質などに問題もありましたが、次第にフィルムもインクの質も向上し、2010年ころから急激に広がっていきました。ラッピングに使用するフィルムは高い伸縮性があるために、凹凸があるような複雑な形状をしたボディであっても、またカーブのある部分でも問題なく綺麗に貼ることができます。また一度貼ったフィルムは簡単に剥がすことができるので、広告を付け替えることも可能です。ここがペイントにはない大きなメリットとなっており、今後も大きな可能性を秘めています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *